スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとりごと日和

今日は、定休日。

クラブ日記に逸れますが・・・今朝の新聞から、気になった文章がありましたのでちょっと拝借。
孫娘さんに宛てた女性のお手紙で・・・

「1945年の5月、羽田別荘の高い石垣から垂れ下がる大輪の白いツルバラの美しさと香りのよさを覚えています。8月6日、バラは焼き尽くされ、私は二度とこのツルバラを見ることはありませんでした。そして、十数年後、記憶していたのと同じ白いツルバラを見つけました。記憶していたのと同じ香りがして非常に感動しました。(中略)あなたの人生は、まだ始まったばかりです。あなたには、よい香りの思い出だけを持って人生を歩んでいただきたいと祖母として切に願っております。」

香りの思い出・・・
自分にしか残らないもの。
目に見えない、記憶にしか残らないもの。
そして、その香りからはよい思い出だけが残ってるとしたら、どんなにステキでしょう?!

ふと、私が幼稚園のとき、先生が朝、「目をつぶってごらんなさい。」と言って、そっと顔に近づけてくれた花の香りが大きくなってフリージアの香りだと知ったときの感動を思い出しました。

それぞれが持つ香りの思い出、大切に大事にしたいものです。
子どもにも香りの思い出を作ってあげれたかな・・・とやや反省。

もしかしたら・・娘は、「塩おにぎりの海苔の香り」とか言いそ。

非常に他愛のない日記になりました...m(__)m

<クラブ日記:追伸編>

ジュニア合宿は男子限定にしておりましたが、通いで参加したいというやる満々の女の子(中学生)からの問い合わせがありましたので、喜んでお受けいたしました!!
やる気ある女の子、大歓迎です!!
クラブまで、お問い合わせください。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。