スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定休日日記

本日は定休日。

女子連の中牟田杯に行ってきました。

私をご存知の方にしたら、信じられないでしょうが、間違ってしまってシングルスです。
高校の県大会以来の・・・シングルス。

と言うわけで、これから先は、テニスをそこそこがんばってる方、いろんな試合を経験されてる方、話にならないと思いますので、どうぞ、ずずーっと読み飛ばしてください・・・(_ _;)

初戦、いつも遠くでお名前を拝見する方で、あっという間の1-6完敗。
返すので精いっぱいで、やっと返したら、ちょうどいいところで構えられててフォアの強打でパコーン!!のエース続出。私がとれたポイントとすれば、このパコーンがわずかにアウトしたラッキーなときだけ・・・。
思わず、むかーし、テニスを始めた学生のころ、初めての試合で、ジュニア育ちの若もの?に手も足もでないサービスエースとリターンエースで終わった試合をぼんやりと思い出しました。

2試合目。
こんどこそ、1球ずつ、丁寧にとりあえず返していこう!!
と心がけたら・・・はじめ1-1。
ちょっと、イケる?!と思い上がった心の隙をつかれました。
相手の方がまた、さらにその1球余分に丁寧に返される方で・・・
あっという間に気づくと1-4。

丁寧に返したつもりでも、結局、もう一本の根性がまだ足りない。
丁寧に返してる球が、気づくと相手がいるとこにきちんと?返してしまってる。
先日、練習してるとき、「真ん中にばかり返して、どうして、人がいないところに返さないんですか?」と注意受けたことが、試合中ものすごくわかりました。
私が、必死で返したボールが、相手が構えたとこに。
相手は、走ることなく打てるので、じっくり構えて空いたコートに。
それを必死で追いかけ、なんとか返す。
が、また、待ってました!のとこに。
で、では、こっち~と反対に打ち込まれ・・・いっしょに試合してるのに、くたくたなのは、私だけ。
元々ない体力が、ピコピコ危険信号!!

どっち、負けるなら思い切り打ってみようじゃない?!と開き直ってしまった私。

フォアは、相変わらず恐々でとりあえず深く・・を心がけ、バックはもうダメもと?で振り抜いたら、意外と入って「あ、ちょっとシングルスの試合してる!」的な試合運びで、2-4に挽回。
意識的に、相手のコートの空いたスペースに出てもいいじゃん気分で打っては、相手も走り取り、私も走り取るを繰り返すうち信じられないことに3-4。

が、このときのコートチェンジ時にあらゆる力の差を感じさせられました。
テニスコートをひとりで守りなれないのと、大人になって(!)初めてシングルスコートをフルで走り、全力ラリーを幾球か続けた数分。
私は、肩で、いや身体全体で必死で息してるのに、相手の方の疲れを全く感じさせない涼しい顔。

私の「もうここまで」サインを確認したように、すれ違い際、気のせいか微笑まれたような・・・。

そして、ここから、相手の方の今まで以上に落ち着いた返球。
ラリーが続けば続くほど、有利だということを認識された試合運びで、するするっと3-6で終了。

私の水鉄砲のような儚い反撃もここまででした。



連日、これまでにないほどの!?ナイターシングルスのお申し込み・問い合わせいただき驚いてます。
どこかの試合会場の雑談の中で、田川のことを話題にしてくださってる方、心から感謝します!!

次回は?といううれしい問い合わせもあり、11月27日(土)でご案内しています。

今回は、初エントリーの方が大半です。

初めて、田川へお越しくださる方、私が言うのもなんですが、迷わず気をつけていらしてくださいませ!



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。