スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考える・・ということ

台風やら雨だのの心配してましたが、雨が降ることもなく、ほどよく曇り、邪魔な風も来ないすこぶるよいテニス日和でした!!
こんな日が、年中続いたらどんなにいいかと・・・インドアを持たない私は、心の底から思います(^^;)

最近、ジュニアの保護者の方からの、「子どもが自分で考えるようになるにはどうしたらいいんでしょう??」
という話題でお話をする機会がありました。
とても、大事なことで、しかし難しいものだと思います。
が、レッスンのときにコーチから注意を受け、それをご家庭で家族の中でお話なさったとのこと。
このような対話の中で、子ども達に「考える力」が育っていくのだと思います。

ここ数日、私自身も子どもの「考える力」を考えさせられる出来事があり、親のスタンスというものをかすかながら自覚できたような気がしています。

いくらよい練習環境を整えても、トレーニングや指導者をつけても子ども自身が「なりたい自分」を見出し考えることができないと競技力も人間性も向上しないのかもしれません。
「なりたい自分」は、今の練習の中でもいいし、今度の試合までの目標でもいい、なにかしらイメージできるものがあれば・・・と思います。
その子どもがもつイメージを、指導者や親は信じて見守ってあげること・・・が大事なのかなと。


「考える」ことができる子は、強くなります。
「考える」ことで、子どもは大きく成長します。
・・・今の自分に何が必要なのか、自分に何が足りないから不安なのか・・・を「考える」事を繰り返すことで、向上していくのです。
だからこそ、子どものそばでそっと見守ってあげててください。
どんなときでも、子どもにとって親は心の支えですから・・・。

は、最近ある方から私がいただいたアドバイス。

子どもは手元から巣立っても、まあだまだ育自は続きます!!


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。